お店の印象を強めるポリ袋印刷

ポリ袋も重要な宣伝ツールの1つ

お店の宣伝は新聞折り込みのチラシやテレビCMだけではありません。お店で配布するポリ袋も重要な宣伝ツールになることをご存じでしょうか。ただの無地のポリ袋の場合は、そのまま捨てられてしまったり、ゴミ袋として使われるだけかもしれません。しかし、お店の名前やイメージキャラクターが印刷されたポリ袋なら、お客様にお店のことを強く印象づけることにつながります。また、ただゴミとして捨てるにはもったいないような、魅力的なデザインのポリ袋なら再利用してもらえることも期待できます。例えば、友人宅へ訪問する時にちょっとした手土産を入れるのにぴったりのデザインのポリ袋なら、その友達にもお店のことをアピールすることができます。

デザイン以外にコストも大事

魅力的なデザインのポリ袋が優秀な宣伝ツールになると言っても、コストがかかりすぎてしまっては逆効果になってしまいます。そのため、ポリ袋の材質やサイズを工夫したりする以外に、魅力的なデザインのポリ袋を、低コストで印刷してもらえる業者選びが重要になってきます。同じようなポリ袋の印刷でも、業者によって料金が大きく変わることがあるため、できるだけ多くの業者にポリ袋印刷の見積を依頼して、充分に比較した上で選ぶようにするのがおすすめです。

業者によっては注文可能なロット数が決まっている場合があります。また、注文する枚数が多いほど、1枚当たりのコストダウンにもつながるため、できるだけ低コストでポリ袋を印刷してくれる業者を選び、大量発注することをおすすめします。

オリジナルビニール袋とは袋の厚みや形、そして色やプリントする柄・ロゴなどのカスタマイズを行って作成する商品です。